トップページ > 部門情報 > 診療部TOP > 痙縮(けいしゅく)外来のご案内

部門情報

痙縮(けいしゅく)外来のご案内

痙縮(手足のつっぱり)とは

痙縮(手足のつっぱり)とは 脳卒中でよくみられる運動(機能)障害の一つに痙縮という症状があります。 痙縮とは筋肉が緊張しすぎて、手足を動かしにくかったり、勝手に動いてしまう状態のことです。 痙縮では、手指が握ったままとなり開こうとしても開きにくい、肘が曲がる、足先が足の裏側の方に曲がってしまうなどの症状が見られます。痙縮による姿勢異常が長く続くと、筋肉が固まって関節の運動が制限され(これを拘縮といいます)、日常生活に支障が生じてしまいます。また、痙縮がリハビリテーションの障害となることもあるので、痙縮に対する治療が必要となります。

痙縮(手足のつっぱり)の治療

現在、痙縮の治療には、内服薬、ボツリヌス療法、神経ブロック療法、外科的療法、バクロフェン髄注療法などがあります。患者さんの病態や治療目的を考慮して、リハビリテーションとこれらの治療法を組み合わせて行います。 痙縮(手足のつっぱり)の治療

ボツリヌス療法とは

ボツリヌス療法の効果ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌(食中毒の原因菌)が作り出す天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を筋肉内に注射する治療法です。ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があります。そのためボツリヌストキシンを注射すると、筋肉の緊張をやわらげることができるのです。 ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。

ボツリヌス療法の効果

ボツリヌス療法によって次のような効果が期待できます。 ボツリヌス療法の効果

ボツリヌス療法の治療

ボツリヌス療法の効果は、注射後2〜3日目から徐々にあらわれ、通常3〜4ヵ月間持続します。その後、数週間で効果は徐々に消えてしまうので、治療を続ける場合には、年に数回、注射を受けることになります。ただし、効果の持続期間には個人差があるので、医師と症状を相談しながら、治療計画を立てていきます。初めての治療で理想とする効果を期待するのではなく、繰り返し治療を重ねることで、最適な治療(投与量・投与部位)をみつけていきます。 ボツリヌス療法の治療

寺岡記念病院の痙縮外来について

当院でも、脳神経外科で上記の治療を受けることができます。
・診察日:毎週火曜日 午後2時00分から午後4時00分 ・初診の方は、いつでも受け付けております。ご相談ください。

  • 寺岡記念病院 脳神経外科
  • お電話:0847-52-3140
  • 電話受付時間:午前9時00分〜午後12時00分(月〜土)

寺岡記念病院の痙縮外来について