DT-Navi

DT-Navi  2012(平成24)年8月より、当院では、DT-Navi(認知機能検査実施支援システム)を導入致しました。
DT-Naviは、アルツハイマー型認知症患者さんの認知機能の状態を評価する、有用な神経心理検査(ADAS-Jcog)です。
ADAS-cog(Altzheimer’s Disease Assessment Scale, cognitive subscale)の検査は、国際的に頻用されるアルツハイマー型認知症患者さんの評価法です。その日本語版が、ADAS-Jcogです。
今までのADAS-Jcogの検査は、書面で行うため、非常に時間がかかっていましたが、機械化することで、時間の短縮を実現しました。

 現在、200万人といわれる認知症の方は、今後も増加することが予想されています。しかし、抗認知症薬によって進行を遅らすことはできますが、根本治療法は現在のところありません。この検査を行うことによって進行するアルツハイマー型認知症患者さんの「いま」を知ることができます。また、この検査を継続していくことによってアルツハイマー型認知症患者さんの「これから」を予測することが可能になります。このことは、より一層、適切なケア、医療サービスの選択と提供が可能になると考えます。

DT-Navi ■イーローゴ・ネットに当院も記載されています。
http://sodan.e-65.net/


検査には医師の診察と予約が必要です

■詳しくは
社会医療法人社団陽正会 寺岡記念病院 地域医療連携室
TEL.0847-40-3656 FAX.0847-40-3657

▲このページの先頭へ戻る