看護部

看護部理念

私たちは患者さんを尊重し、心のこもった看護を提供します。

看護部の方針

  1. 患者さん・ご家族の選択・決定を尊重し、その人らしい生き方を援助します。
  2. 安全で安心できる療養環境を整え、地域に根ざした看護を実践します。
  3. 継続教育の充実に努め、自己研鑽を積み、看護の質の向上に取り組みます。

看護部の目標

  1. 患者さん・ご家族の意思・決定を支援・尊重した看護過程を展開します。
  2. 安全管理に関する整備と改善を図り、良質な看護を提供します。
  3. 主体的に継続看護に参加し、常に新知識・技術の習得を目指し、チーム医療を実践します。
  4. 地域の人々と積極的にかかわり、地域に貢献します。
  5. 臨床における研究学習活動を通じて、看護の質の向上に努めます。
  6. 実習病院として、看護学生が効果的な実習ができるよう学習環境を整え、支援します。

看護部長あいさつ

2016年4月、看護部長に着任しました黒田悦子です。

寺岡記念病院の看護師は看護部の理念である「患者さんを尊重し心のこもった看護を提供します」の理念のもとに、患者さんやご家族の皆様の希望や思いを大切にした看護を実践しています。急性期から回復期、慢性期そして在宅療養など患者さん個々のQOLを視野に入れ、その人らしい生活が送れるよう多職種が連携して支援を行っています。 超高齢化社会に入り、医療を取り巻く環境は、治す医療から支える医療へと変化しています。病院完結型から地域完結型に変化し、患者さんを地域で支える方向に変わってきています。益々地域の皆様に必要とされる病院・看護師を目指して日々研鑽していきますのでよろしくお願い致します。

2015年度は肺炎予防キャンペーンの取り組みで口腔ケアの充実を図りました。入院後に誤嚥性肺炎と診断された患者数が17人から開始前後6ヶ月で11人に減少しました。また、新しい取り組みとして看護部では院内留学を行いました。他部署を経験することで自分自身の新たな発見や、自部署の改善につなげられたのではないかと思います。看護の質向上に向け今後も継続していきたいと考えています。どうぞよろしくお願い致します。

看護部長  黒田 悦子

詳しくはこちら→看護師募集サイト



新人看護職員研修「医療機関受入研修」実施計画

下記のとおり新人看護職員等にかかる研修を計画しています。

→平成29年度 新人看護職員研修「医療機関受入研修」実施計画

▲このページの先頭へ戻る