理念・方針・院是・患者の権利

理念・方針

理念 トータル&シームレスケア
:全人的で切れ目のない医療提供の推進

スローガン
:保健・医療・福祉の統合とネットワーク形成による新地域医療を実践しよう

方針

  1. 地域住民の健康と安心を守る医療機関であり続け、健康地域づくりに貢献します
  2. 医療を受ける人の個々のニーズに応える医療を提供します
  3. 安全で良質な医療提供のためスタッフの職務能力と人格能力を高めます
  4. 社会の要請に対応した医療を提供します
  5. 長期的に安定した医療を提供するため健全な経営を行い病院の総合力を高めます

<寺岡記念病院の院是>

一、
受診希望者は特別の理由がない限り必ず診察する
※受診希望者とは、自らの希望、家族ほかの代理人からの連絡、救急隊からの連絡を含む
二、
患者さんおよび家族には 親切に優しく丁寧に接しわかりやすく説明する
三、
紹介元および紹介先には 敬意を持って丁寧に接し協力に対して謝意を表する
四、
医師は互いに尊敬し 全ての医療関係者と協力して医療に尽くす
五、
全職員は 医療の公共性を重んじ 医療を通じて社会の発展に尽くすと共に法規範の遵守および法秩序の形成に努める


患者の権利

1.良質の医療を公平に受ける権利
おかれた環境のもとで、良質な医療を公平に受ける権利があります。

2.病状、検査、治療について充分な説明を受ける権利
病気、検査、治療、見通しなどについて、理解しやすい言葉と方法で、納得できるよう充分な説明と情報提供を受ける権利があります。

3.自分の意思で検査や治療を選ぶ権利
充分な説明と情報提供を受けた上で、治療方法などの自らの意思で選択する権利と希望しない医療を拒む権利があります。

4.セカンドオピニオンを求める権利
診断と治療方針について、他の医療機関にセカンドオピニオンを求める権利があります。

5.診療記録上の情報を求める権利
自分の診療記録の開示を求める権利があります。

6.個人情報(プライバシー)が守られる権利
診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られ、可能な限りプライバシーが保護される権利があります。

7.人間としての尊厳が守られる権利
一人ひとりの人格や価値観が認められ、人間としての尊厳を有しながら医療を受ける権利があります。





患者の義務

治療を受ける患者には次のような義務があります。
1.おかれた環境のもとで、良質な医療を公平に受ける権利があります。

2.医療安全の実践に協力する義務

3.療養環境の維持に協力する義務

4.病院の規則を守る義務

一般事業主行動計画

当院の方針


一般事業主行動計画 方針

▲このページの先頭へ戻る